空間情報処理部門

ICT土工対応

ICT活用工事,UAV,ドローン,測量,鹿児島,九州,熊本,宮崎,ICT土工,無人航空機,地上型レーザースキャナー,TLS,3次元設計データ作成,ヒートマップ,出来形帳票

☆UAV(ドローン)と地上型レーザースキャナーの両方に対応しています。

☆起工測量・出来形計測に対応しています。

☆三次元設計データ作成を支援します。

※i-Constrcutionは国土技術政策総合研究所の商標登録です。

 

【ICT土工 実績表】

事務所名 起工測量 出来形計測
  UAV    TLS   UAV+TLS   UAV     TLS   UAV+TLS
九地整 鹿児島国道事務所   1     1  
九地整 大隅河川国道事務所 5 4 1   2  
九地整 川内川河川事務所 2 1   2 1  
鹿児島県 鹿児島地域振興局   1        
鹿児島県 大隅地域振興局     1     1
北薩広域行政事務組合 1          

※同じ現場にて出来形計測を2時期に分けた場合も、1回で計上しています。

UAV(ドローン)による3次元形状復元

横瀬古墳

大崎町の前方後円墳をマルチコプターで空中写真計測しました。

土量管理

土量管理のため、10haの造成地をマルチコプターで空中写真計測しました


TLS(地上型レーザースキャナー)計測

天保山砲台跡(樹木除去前)

鹿児島市の文化財を3Dレーザースキャナーで3次元化しました。

天保山砲台跡(樹木除去後)

左のデータの樹木を除去しました。

崖面の計測

3Dレーザースキャナーで崖地の計測を行いました。


近接写真撮影による3次元復元

墓石の3D復元

島津の墓石を正射投影トレースするため、3次元モデルを作成しました。

石積みの変位計測

石積みの変位計測のため、3Dレーザースキャナーと近接写真計測で3次元化しました。


▲このページのトップへ