被写体3次元復元システム

2次元の写真から3次元の立体を再現します。

1組ステレオ写真ら複数の特徴点を抽出し、各情報(色・座標等)から点群を産みだす。産みだした点群をつなぎ合わせた立体物を作成し、面にテクスチャを貼り付けた3次元データを作り出します。

 

写真計測の機能

○テクスチャによる質感の表現

・特徴点からカラー点群データを抽出。

・立体物(ポリゴン)の面にテクスチャを付与することで、質感まで再現することが可能です。

 

○隙間のない3次元データ

定点観測のレーザースキャナーと異なり様々なアングルから撮影することで、短時間で抜けの無い、密度の均等なデータを計測可能です。

 

○正対画像の作成

3次元データを任意の方向から出力すれば正対画像となります。

   ↑カラー点群データを抽出

↑ポリゴンへのテクスチャ付与


文化財調査での活用

レーザースキャナーでは窪みなどの微細な形状はかなり密に、時間をかけて計測しなければ取得できません。しかし、写真計測では撮影画像をテクスチャとして採用するため、明瞭に精度よく取得可能です。

全長80m(H=2.0m)の土層断面を写真計測した事例。

事前に現場で土層を判断しながら溝を書き入れ、約2時間で撮影完了。写真解析し、実寸を持つ正対画像として出力した。この画像をイラストレーター上で背景画像とすることで、短時間で正確なトレースが可能となった。樹根跡もくっきりと記録されている。

標定点を設置することでスケール・座標を持った立体物(ポリゴン)が生成可能


空中写真撮影技術との組み合わせ

ドローン・実機ヘリやパラモーターのGPS情報を取り入れることで、大まかなスケールをもった3次元鳥瞰図やオルソデータが生成可能です。さらに対空標識による標定点を設置することで、より正確な3次元データを取得することができ、土量管理にも活用できます。

定点からの観測となる3Dレーザースキャナーでは観測が困難な入り組んだ地形も写真計測なら計測可能となります。


精度は低下しますが、動画データから3次元鳥瞰図を生成することも可能です。


変状調査の記録

トンネルやカルバートも3次元データとして復元できます。この壁面のオルソを作成することで、クラックの調査の記録を正確に残すことができます。経年的に調査することで変状の進行具合も比較・確認できます。

 

 

 


▲このページのトップへ