KUMONOS技術紹介

安全・正確・スピーディーなひび割れ計測器

光波測距機にクラックスケールを搭載したKUMONOSは、100m離れた壁面の0.4㎜のクラック幅を計測し、記録できる。ひび割れ調査を安全・正確・スピーディに実施可能となった

KUMONOSの機能

再現性の高さ

定位置からノンプリズムの光波測距儀にてクラックをなぞるため、クラックを忠実に再現。

2時期にわたる計測データを重ねることで経年変化が把握できます。また3次元データとして計測するため、図化が容易となります。

観測角度 5秒

観測精度 ±3+2×距離

・・・距離<200m

±5+2×距離

・・・距離≧200m

↑レンズ内に格納されたクラックスケール


視準角度補正機能

同じクラックでも、視準する角度が変わると幅が変わって見えます。

 

正面

 下から見上げた図


高所での作業時間を短くする

目視調査を要さない概略診断では、計測は地上から計測可能。より安全な作業が可能となり、コスト縮減にもつながります。

KUMONOSにできること

床版の計測

床版など水平版を観測する場合には、水平モードで計測します。視準部にアタッチメントをとりつけることで、上部であってもストレスなく観測することが可能です。


建築物の計測

建築物などの垂直面を観測する場合には、鉛直モードで計測します。赤外線カメラを併用することで、タイルの浮きの概略診断にも利用されています。


トンネルのクラックの展開

 

トンネルのような丸みを帯びた対象物もアーチモードを使用することでクラックを平面展開可能です。3Dデータがソフトウェア上で自動で展開され、正確な損傷図として仕上がるのです。


資格所有者による観測の監修

(社)全国地域活性化支援機構ではKUMONOSの技術者認定試験を行っております。弊社ではこの技術者検定に合格した技術者の監修のもと、KUMONOSを運用しております。

▲このページのトップへ